株式会社エスケーアイ リクルートサイト2019RECRUIT 2019

ENTRY

若手が語る
ホンネ座談会

河合 美穂
河合 美穂
南山大学卒
ソフトバンク豊明
長瀬 翔真
長瀬 翔真
名城大学卒
ソフトバンク島田橋
林 晟正
林 晟正
中京大学卒
ソフトバンク内田橋
三品 眞紀子
三品 眞紀子
福井県立大学卒
ソフトバンク大曽根赤塚

とにかくカッコいい。それがキッカケだった

――エスケーアイに入社を決めた理由をホンネで教えてください

長瀬
長瀬

「ありきたりな理由ですが、「先輩社員がカッコいいから」という理由だけで、エスケーアイに入社を決めました笑 5月頃ですね。電話で内定の連絡をもらった時、とにかく嬉しかったのを覚えています。似たような業界の企業ばかりに選考進んでいたのだけど、スーツがバシッと決まっていたのがエスケーアイでした。」

林

「先輩がカッコいいのは分かります!
入社してからさらにお世話になるので、頼りがいが増して、さらにカッコよく見えてきています笑 私の場合は、旅行関連、商社などの企業の面接も受けていました。でも何で、エスケーアイを選んだんだろう…。当たり前かのように入社していました…笑」

河合
河合

「私の場合は、「エスケーアイが上場企業だったから」というのが選んだ大きな理由です。今だから言えることですけど…汗
社員さんも多いし、店舗も多いですからね。」

三品
三品

「実は上場企業が入社の決め手になったのは私も同じです…。福利厚生とか給料とか、同業他社の中ではかなり良い方だったので笑 これってホンネすぎですかね?」

林

「給料が高いことって会社を選ぶ上で大事なことだし、いいんじゃない?笑」

河合
河合

「給料はあまり意識してなかったなぁ…」

エスケーアイグループ内で様々な業界を経験してみたい

――今後のエスケーアイで働く上での目標などはありますか?

林

「まずは店長になることが第一目標ですけど、その次のステップとしてエスケーアイ内でジョブチェンジしたいですね」

三品
三品

「何?ジョブチェンジって?」

林

「全く違う業界の仕事をするってこと。今後、エスケーアイグループの企業間で人員が簡単に異動できる体制を作っていくらしいよ。

業界とかは全く決まっていないけど、5年後には違う道にもチャレンジしてみたいですね。
5年以上同じ仕事をすると飽きるかもしれない」

長瀬
長瀬

「飽きたらダメじゃない?」

林

「飽きるという表現はマズかったかもね汗
ただ、正社員であっても一生同じ仕事をするという考え方はもう古い気がする。業界の変化、時代の変化を見ながら色んな仕事を経験してみたい。エスケーアイではそれができる。私がこの会社を選んだ大きな理由の一つです。」

長瀬
長瀬

「そこまでは考えてなかったなぁ。私の目標は店長、エリアマネージャーになることですね。目指すべき方が身近にいるので、まずはそれを目指したい。」

林

「もちろん、今の店舗で結果を出すのが最初の目標ですよ。先輩にかなりお世話になっているので、その恩返しは絶対にしたいし、これから入社する後輩の目標となる人財にならなければいけないという意識はあります。」

自分の接客の腕が契約を左右する。実力主義の業界。

――エスケーアイに入社して自分が成長したと感じる点を教えてください。

三品
三品

「これはもう営業力しかないですね。今の自分と最初の頃の自分で契約率が全く違います。日々、実力がついていることが目に見えて分かるので、かなり成長している実感があります。営業志望の人はかなり向いているかも。やりがいもあるし。」

河合
河合

「携帯販売って接客業と捉えられることも多いけど、実際は完全な営業だよね。担当を指名してくださるリピーターのお客様も多いし。プランとか利便性ではなく、担当者でキャリアを選んでいる方かなりいらっしゃいますよね。携帯販売は、販売職ではなく営業職だと実感しています。」

“得意なこと”と”やりたいこと”
どちらにも当てはまる会社を見つけてほしい

最後に
――就職活動を控えている皆さんにアドバイスがあれば教えてください。

林

「何をしたいのか、何が適性なのか。私はそこでかなり悩んだんですけど、そこで躓くくらいなら、とにかく色んな企業を知ることにエネルギーを注いだほうがいいですね。できれば、ネットで調べるだけではなくて、直接目で見て肌感覚で企業と触れ合うことが大事だと思います。
就活は基本的に一回限りなので、後悔しないようにガツガツ取り組んだ方がいいですよ。例えば、企業説明会で分からないことがあったら、必ず質問をする、とか。就活生は無知であることや失敗が許される立場なので、恐れずに前のめりで戦うべきです。
ただ、就活を一切にしない日を定期的に作ってリフレッシュするのも大事なことですかね。根詰めると、苦しみや不安が顔に出て笑顔が作れなくなるので笑」

三品
三品

「まずは色んな企業を見るというのは完全に同意です!ほとんどの就活生って自分が明確にやりたいことなんて分からないと思うんですよね…。そういった方は「とにかく会って話を聞く」に限ると思います。後から、ゆっくりと考えていけばいいと思う。
あと、他の人と比べるのは止めたほうがいいですね。内定を早々と獲得した友達を見て、「羨ましいなー」と思った瞬間、自分の就活に焦りが生まれてしまいます。内定を早く得ることは就活のゴールではない。自分が行きたい企業の内定がゴールだと思いますので。当然、内定がない方を見て、自分を安心させるのもあまりよくありませんね。
とにかく、自分の行動が他人に影響を受けるのはマズいです。就活は誰かのためにするものではなく、自分のためにすることですから。」

河合
河合

「就活が嫌すぎて、適当に内定承諾して現実逃避…。あるあるですね。就活の数カ月~1年の期間なんて、社会人になってからの時間に比べれば些細なものなのにね。
早く終わりたい、という気持ちはよく分かりますが、そこに逃げてほしくないですね。これからの人生を大きく変える大事なタイミングじゃないですか、就活って。
ただ、どの会社が良いのか、どんな会社が自分に合うのかは、正直働いてみなければ分からないところはあると思います。当社のように、なんでもかんでも本音を伝える企業のほうが珍しいと思いますし笑
私が就活している時の企業選びで意識していたことは、「得意なこと」と「やりたいこと」の2軸ですね。この2軸が揃うと思う企業にしか入社はしません。2つも合わないと感じたら選考途中でも辞退。1つ合うなら選考は進む。2つ合う時は当然進む。これらの軸は企業を研究していく過程や、選考が進む中で当然変化していきます。先輩社員の些細な仕草とか、社長の人柄とか笑 そして、内定をいただいたタイミングでは2つの条件がクリアしていなければ辞退するようにしていました。
正直、曖昧な感覚に左右される軸ではあるのですが、「自分が企業を選ぶ」という意思をもって就活をしているので、働くことへの考え方は大きく変わりますよ。」

長瀬
長瀬

「いろんな会社を見て、知って、その上でエスケーアイに来てくれたらすごく嬉しいです。僕たちも先輩として、みんながいつ来てくれてもいいように今まで以上にちゃんとしなくちゃ笑 後悔しない就活をしてください!妥協しない就活をしてください!エスケーアイで、僕たちはみなさんと働けることを心待ちにしてお待ちしています!!」

 

ENTRY

*採用選考にあたり、
エスケーアイのLINE@の友達登録が必要です。
自動返信文をよく読みエントリーしてください。